トップセラーともしもドロップシッピング比較

トップセラー(TopSeller)ともしもドロップシッピングとネットショップの違いは?

トップセラー(TopSeller)を導入していないネットショップ、同じもしものサービスのドロップシッピングの
違いをわかりやすく比較表にしてみました。

 

 

○・・・必要

×・・・不要

トップセラー(TopSeller)

もしもドロップシッピング

 

ネットショップ

 

独自ドメイン

なくても運営可

独自カートシステム

×

商品仕入れ

×

×

商品数

最大約20万点

最大約20万点

100点〜(目安です)

在庫管理

×

×

受注作業
(サンクスメール)

×

梱包・発送業務

×

×

お問い合わせ対応

×

クレーム対応

×

商品棚卸

×

×

人員

×

×

楽天出店

×

ヤフー出店

×

他ショッピングモール

×

トップセラーはネットショップで100%するべきことのうち、商品仕入れ、在庫管理の必要がない点が
大きく違います。仕入れがないので資金的な余裕を持っての運営が可能です。
 しかし、比較表でわかるようにドロップシッピングのようにすべてもしもにお任せというわけには
いきません。独自ドメインで自社サイトを立ち上げてカートシステム(注文ボタン)を付けて
クレジットカード番号等の個人情報の管理が必須となります。

 

お問い合わせやクレーム、返品処理もトップセラーは行う必要があります。(わからない点は
もしもへ問い合わせができます)また、ドロップシッピングではできなかった、楽天、ヤフーへの
出店が可能になります。但し楽天は副業での出店は不可となっています。
トップセラーを利用して一般的なネットショップ運営で副業から本業に切り替える基礎を作った後、
楽天へ出店しても遅くないと思います。※ヤフーショッピングは今すぐ出店可能。

 

またすでに楽天やヤフーへ出店中のショップには楽天パック、ヤフーパックという取扱商品を
一括てデータ転送できるオプション機能(1980円)も用意されていますので
簡単に最大20万点ほどの商品を短時間でアップすることが可能です。

 

またDeNAショッピングやauショッピングモールは出店募集中です。トップセラー商品を導入している人もいます。その場合には別途費用があかからない、ベーシックパックの利用で商品導入が可能です。

 

 

 

 

>>>もしもトップセラーの利用料金早見表

 

>>>TOPページへ