もしも トップセラー 7.8倍増

 

もしもトップセラーの流通額がわずか2年で7.8倍に増加しました。
御承知のとおり流通とは商品を生産して消費者へ届けるまでの、生産、保管、配送、決済などの一連の業務のことですね。

 

でも、これは注文が増えた!=売上を伸ばしているショップが増えたということ以外のなにものでもないのです。

 

なぜトップセラー(TopSeller)を利用したネットショップの売り上げが伸びたのでしょうか?

 

大手企業が参入したから?いえ違います。

 

小さなショップの売上がグングン伸びたからです

 

 

売上増大の注目すべき3つの理由とは

 

 

取り扱い商品数が過去最大、27万点以上に増加

 

もしも トップセラーのオープン当初の取り扱い数は最大で10万点程でした。

 

2014年3月には15万点、そして2016年3月には最大 27万点以上に。

 

もしも,トップセラー,7.8倍増,

 

 

 

今は個人個人の趣味、嗜好が多様化しています。
いろいろなジャンルの商品の取り扱いが豊富なのも、もしもトップセラー(TopSeller)の強みです。

 

というのも、仕入れ専門業者は企業相手なので欠品後に商品の対応をしますから次期入荷まで相当数を要する場合もあります。

 

しかしもしもトップセラーは関連事業でドロップしピングを展開していて、個人のネットショップにも商品を提供しています。
個人のネットショップでは日々の売れている商品の把握ができます。

 

日々のデータから在庫の確保ができるので、旬の売れ筋や消費者目線で注目されてる商品を豊富に確保できるメリットがあります。
細かいカテゴリーごとの消費が続々増えることによりショップ運営がよりやりやすくなったということです。

 

 

在庫切れ商品は1.6%に減少

 

商品数が増えたとしてもそれはうわべだけというわけではありません。
欠品、品切れの割合も2014年では全体の3.7%だったのが2016年3月には1.6%に減少。

 

商品取扱数は増えているのに欠品の割合が減っているのです。

 

もしもトップセラー

 

たとえ1個の注文でも在庫切れの商品が多ければ売り上げ減になりかねません。

 

在庫切れが少ないことで儲けを逃すことも少なくなりますから、
その点でも安心してもしもトップセラーを利用できます。

 

 

ヤフーショッピング×もしもトップセラーが最強

 

ヤフーショッピングと、もしもトップセラー(TopSeller)の組み合わせで売り上げを上げているショップの躍進がすごいです。

 

もしもトップセラー

 

 

ヤフーショッピングは ショッピングモールの経費が無料になって出店しやすくなりました。
楽天と比べると年間の出店料でン十万もの差がでます。

 

ヤフーショッピングモールの知名度は絶大ですが、楽天市場と比べるとモールの売上はまだまだ少ないです。

 

もしも,トップセラー,7.8倍増,その分、出店して稼げる余地はまだまだ残っています。
ヤフーショッピングへ無料出店をしてヤフーパックを利用するのが利益アップににつなる一番のパターンですが、最初から背伸びをする必要もありません。

 

ヤフーショッピングのライト出店なら個人でもわずか5分でお店を持てるし、ライト出店でもトップセラーの商品を置くことができます。

 

 style=

 

 

ライト出店はもしもトップセラーのオプションサービスのヤフーパック,1980円の利用はできませんが最初から装備されてるベーシックパックの商品データとWeb発注機能を利用して商品登録ができます。

 

かかる費用はもしもトップセラーの月々1,980円〜だけです。

 

>>トップセラー(TopSeller) 出店費用の詳細を見る

 

 

売上アップの基礎が出来上がったころにヤフーショッピングのプロフェッショナルプランに切り替えるという方法もできます。

 

もしも,トップセラー,7.8倍増,ネットショップ運営は自分の店を持てたということではなく、儲かるのはどのパターンかがわかって初めて経営がなりたちます。

 

儲かる道筋がわかったらあとは実践のみです。

 

まずはもしもトップセラーへ無料登録から初めてください。

 

 

> TOPページ